衝動買いをしたモットンマットレスの購入体験記ー新村さんのケース

長年使っていたベッドが、そろそろ寿命を迎えそうになったので、IKEAや大塚家具など家具店を物色するつもりでした。

ベッドそのものを買い換えるとなると、なかなか気が重いもので、値段や機能、はたまた古いベッドをどうやって処分すべきか等々、購入以外のことまで考えなければいけない‥

ますます二の足を踏む状態が続いていたのですが、

ある日テレビをなんとなく見ていたら、浅田真央ちゃんが笑顔と共に紹介しているCMに釘付けになりました。

そうか、ベッドをかえなくても、マットを変えれば悩んでいる腰痛も気にすることなく、寝心地も気分も一新するのでは?

そう考えると、目からウロコが落ちたような気がしました。

それからというもの、ベットマットについていろいろなメーカーのHPを探し、吟味する日が始まったのです。

色々迷った結果腰痛に良いモットンマットレスを購入!!

中にはアウトレットモールに出店しているブランドもあり、大手デパートにいけば、寝心地を体験できるコーナーもあるので、じっくり時間をかけて吟味し商品を比較して試すことができました。

好みもあると思いますが、耐久性やお手入れの方法に相違点があり、ウレタンが主体となったマットレスは使い始めはよさそうだったのですが、湿気に弱く時間の経過と共に劣化が気になるのでは、と耐久性に不安を感じました。軽くて風合いは大変良いのですが、コスパは良くないと判断しました。

その点、軽くて丸洗いもでき、半永久的に使用可能な素材を使った商品がニーズにあうと感じました。

また、厚みと固さが選べる点も決め手になりました。

ベッド枠の上に置く大きなベットマットはそのままで、ベッドパットを敷く代わりに高機能の薄手のマットレス

を追加することで、快適な睡眠を手に入れることができたのです。

そう、選んだ商品はモットンマットレスです。

本当に大満足のお買い物だったのですが、ただ一つだけ悩ましい点があります。

半永久的に使えるとはいえ、廃棄処分するのには非常に困るだろうと思っています。

樹脂を複雑に編み込んだベッドサイズの塊ですから、

これは自治体でゴミとして処分してもらえる範疇なんだろうか?と心配になってきました。

メーカーも、作る以上は廃棄まで考慮していただいて、最後には引き取っていただけるようなアフターサービスも構築して販売していただけたらと思わずにはいられません。
モットンマットレスに変えてから1年が経ちました。モットンマットレスで寝始めてから3日目には腰の痛みが軽くなったような気がしました。

そこから徐々に腰の痛みも引いていき、1か月後には今までの痛みが嘘のように改善されたのです。

 

モットンマットレスには感謝しても尽くせません。いい買い物したなと今でも思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です